しっかり押さえて!就業規則について社会保険労務士に相談する理由とは

どうやって就業規則を作るのか

新たに事業を開始し、従業員を雇う際に重要となるのが就業規則です。これは簡単に言ってしまえば会社で働く上でのルール作りのことで、常時10人以上の従業員を雇っている場合に作成する義務があり、給与や働く内容を始めとした様々な規則のことを指します。しかし作成にあたっては様々な条件が存在し、内容に問題がある場合は認められないことがあります。そんな時に力となってくれるのが社会保険労務士です。社会保険労務士は社会保険の手続や給与計算だけでなく、就業規則の作成も業務として行っていることがあります。

依頼することで得られるメリットとは

社会保険労務士に就業規則の作成を依頼するメリットとしてもっとも大きいのが、内容に不備のない就業規則が作成できるという点です。そのためきちんとしたルールに則って従業員を雇用したり、業務を行わせることができるので、効率よく業務を行うことができます。また一部の補助金や助成金を利用する場合には、就業規則の提出や現状との照らし合わせが行われるため、内容に不備のある就業規則ではこれらの制度を利用することができませんが、社会保険労務士に依頼することでそのような事態を避けることができます。

依頼する際に注意したい点

社会保険労務士に就業規則を依頼する際に注意したい点として、報酬額が挙げられます。社会保険労務士規定によって報酬の額は定められていますが、料金の値引きなどは各社会保険労務士の裁量に委ねられています。そのため同じ業務であっても依頼する社会保険労務士によって金額が変わることもあるため、利用するサービスや提供されるサービス、作成する書面などに照らしあわせ、依頼する社会保険労務士を選ぶことが重要となります。

社会保険労務士の就業規則は、多くの人の注目を集めています。一般的な会社の就業規則とは異なる点もあります。