クレジットカードとデビットカードの違いはどんな所?

クレジットカードの申込方法と審査

クレジットカードとデビットカード、どちらも国際ブランドが券面に記載されていて、加盟店で支払いができますね。でも似て非なる物なのです。クレジットカードは店舗やサービス業者を母体とする流通系、金融機関が発行する信販系と銀行系があり、それぞれの会社に申し込みます。流通系は、客の利便性を図り、得意客を増やす目的があることから比較的審査基準が緩和されていて、利用客に想定される特定の年齢層や性別の方なら、よほどの問題がない限りは審査に通りやすいと考えられています。例えば、スーパーのクレジットカードの利用は、近隣に住む主婦層や年金生活者の方が保有していることが多いですね。一時的にショッピング等の立て替え払いをすることから、審査が必須となっていて、個人情報以外に、本人や配偶者の収入を記載して、本人の確認、信用情報機関の照会や在籍確認等の審査をし、金融事故等の情報がなく、安定的な収入があると確認できれば発行してもらえます。国際ブランドは提携している会社のブランドで、その加盟店でもカード利用ができます。キャッシングが必要なら、収入を証明する書類の提出が義務付けられていますから、事前に準備してくださいね。

デビットカードの申込方法と審査の有無

デビットカードは預金口座と連動しているカードで、キャッシュカードに機能がつけられていることが多いですね。申し込む場合は、デビット機能に対応している口座を扱っている銀行で手続きして発行します。券面に記載されている国際ブランドは、決済時にそのシステムを使って行われることを指していて、ほとんどの加盟店でクレジットカードと同じように使えます。決済では、基本的に預金残高が限度額となり、審査がなく信用度が低いため、即時引き落としの1回払い専門のカードとなります。ごくまれに、残高が足りない場合に貸越機能が付いているデビットカードがあります。その場合は審査が行われ、公共料金の領収証のコピーの提出を依頼される場合があります。ネットショッピングでも使えることが多いですが、与信の関係で一時的に2重引き落としされ、返金が遅れる場合があったり、月々の料金の支払いや高額な出費が予想される買い物については、加盟店であっても利用が認められないことがありますので、気をつけてくださいね。銀行のサイトに利用不可のサービスや店舗の一覧がまとめられていることもありますよ。

どのように使い分けたらいい?

クレジットカードの利点は、審査を受けてから発行されているため、一定の信用があることです。まとまった買い物をするときも、分割払いをして後から用意して支払えますし、現金を持ち歩かなくても済みます。また、事前にコールセンターに電話をすれば、一時的に使えるように増枠申請も可能となります。デビットカードの利点は、使った額がその場から引き落とされ、通帳等の記録に載るために、どこでいくら使ったかが分かり、お金を適切に管理する習慣をつけられます。つい衝動買いしがちな人には、ぴったりですね。それに、債務整理をしてブラックリスト入りしている方でも、審査がないタイプのデビットカードなら、カード払いしかできない所でも利用することが可能になります。それぞれに利点がありますので、状況に応じて使い分けをするといいでしょう。

決済代行サービスは、クレジットカード決済やコンビニ決済などの様々な決済方法を、1つのシステム化にして企業の代わりに集金を行ってくれるサービスです。