非課税枠が重要!相続税の軽減につながる要素

相続人の人数で左右する!?多いほど非課税で有利

税理士に相続税申告のサポートを受けると、節税の効果があります。税理士に詳しく訪ねておきたいのが、非課税枠に関する知識です。相続する財産の総額に対し、全てが課税割合の対象になるわけではありません。まず非課税枠として注目できるのが、相続人の人数ですね。相続人の人数に対して一定額を掛け合わせた額が、非課税として割り引かれます。そのため、相続する財産を受け取る人が多いほど、相続税の負担軽減が果たせるわけです。

非課税枠に該当する要素の一つ!みなし相続財産を確認

相続税の負担を和らげるため効果があるのが、みなし相続財産に生じる非課税枠ですね。みなし相続財産は死亡保険金や死亡退職金など、被相続人の死亡によって発生する財産です。これらの財産は、相続税の対象となり税負担が生じます。ただしみなし相続財産は、一定割合で控除が受けられます。税理士に相続税の申告を依頼する場合でも、みなし財産に当たるものがあるかどうか尋ねられるでしょう。見落としているものがないかどうか、再確認が必要ですね。

被相続人の負債は非課税枠に該当!負担軽減できる要素

相続税は、相続人が利益を受けることにより発生する税金ですよね。そのため、被相続人が有していた債務に関しては、非課税枠に入ります。相続人が引き継ぐ財産から負債分を差し引いたものが、相続税の対象なのです。被相続人が生前にどのような財産やあるいは債務を有していたのか、税理士に相続税の手続きを任せる前に、詳しい事実関係を整理するのが無難でしょう。税理士に申告を任せておけば、負債を見逃して損をする可能性は少なくなります。

相続税について悩みがあるなら、税理士に依頼しましょう。相続の申告を税理士に相談すれば、書類の作成もスムーズです。