ファッションデザイナーを目指すなら!自分に合った専門学校を見つけよう

ファッションデザイナーという仕事

ファッションデザイナーとは、服のデザインを主に手がける仕事です。自身のアイデアを元に、デザイン画を作成し、それを型紙におこしてくれるパタンナーと共同作業をし、デザインを実現させて行く作業を行います。ファッション全般に対する知識はもちろん、美的センスや豊かな完成が求められる職業です。自分のアイデアを実現させるために、人との交渉力や流行を作っていくための敏感さと行動力も必要になります。ファッションの分野だけでなく総合的な知識と感性が大切な仕事でもあります。

ファッションデザイナーになるには

ファッションデザイナーになるには、専門的な技術と知識を身に付けなければいけないため、デザイン専門学校やファッション専門学校で学ぶ必要があります。一口にファッション専門学校と言っても、その学校の中でもコースやカリキュラムなどが細かく細分化されている場合があるので、自分の目指すデザイナーがどのタイプのものであるのか、明確にしてから学校選びをすることが大切です。ファッションデザイナーになるのは、洋裁の技術を身に付けることが必要不可欠なので、あらかじめ念頭においておかなければなりません。

自分に合った学校を見つけるには

自分の将来目指したいデザイナー像というものが明確になったら、次は自分に合ったファッション専門学校を選びましょう。どのようにして自分に合った学校を見つければ良いかわからない場合は、オープンキャンパスなどの学校イベントを積極的に利用しましよう。デザイン関係の学校のほとんどがオープンキャンパスで体験セミナーを開催しているので、それを体験して、自分に適したカリキュラムを取り入れているかどうか判断することができます。学校全体の雰囲気を知るためにもぜひ活用しましょう。

服飾の専門学校はパタンナーやデザイナーを目指す人が行く学校で、技術や戦略、パフォーマンスなどが学べます。